高透過ガラス「オプティホワイト」

オプティホワイト

オプティホワイトは鉄分の含有量を少なくすることで、
フロート板ガラスにみられる青みをおさえた透明感のある高透過ガラスです。

単板仕様をはじめ、合わせガラス仕様・強化ガラス仕様・複層ガラス仕様と用途に合わせてお選び頂けます。
更に、セラミックペーストを印刷焼付けした、セラミックプリントガラスの製作も可能です。

ガラス本来の色調が無いため、ガラス越しでも見る景色や物が自然の色合いで見ることができます。

製品バリエーション

小口面の比較

img_optifloat3img_optifloat5

オプティホワイトは通常のフロート板ガラスに比べて特有の青みを抑えて、可視光透過率を高めます。特に厚板を使用する場合、透明感の違いは歴然です。

単板ガラス

img_tanita

単板ガラス 開口部などの建築用途以外にもショーケースやディスプレイ用ガラスとして使用することで、視認性を高め、ガラス越しに眺める展示物をありのままに表現します。また、ガラス小口を露出したデザインなど小口加工を施すことで、透明感あふれた美しい仕上がりになります。

img_tan6img_tan10img_tan19
合わせガラス

img_awase

2枚のガラスの間に透明で接着力の強い中間膜を挟んだガラスで、破損時の貫通や破片の脱落を防ぎ、被害を最小限に抑える安全なガラスです。中間膜を厚くすることで防犯性能を高めることが可能です。ガラス小口を露出させるリブガラスなど透明感を引き立たせ開放感あふれる大空間を実現します。また、高層階のエレベーターホールにおいての眺望性や意匠性を高めます。

img_awase12img_awase38
複層ガラス

img_fukuso

2枚のガラスの間にある中空層によって断熱性能を高めます。片側のガラスをLow-Eガラスで構成すると断熱・遮熱性能をさらに向上させることができます。

強化ガラス

img_kyouka

ガラス表面に圧縮応力を形成し、通常のフロート板ガラスに比べて3~5倍の強度を向上させています。万一破損しても破片は鈍角の粒状となります。

セラミックスプリントガラス

img_sera

ガラスの室内側面にセラミックペーストを印刷焼付け、デザイン性を高めたガラスです。セラミックスプリントの標準色は11色あり、特にホワイト系はオプティホワイトならではの青みをおさえたありのままの色調を忠実に表現します。強化、耐熱強化、倍強度ガラスの仕様が可能です。

img_sera

このページのトップへ